テレワーク環境と仕事道具

テレワークの図モノ・ガジェット

Covid-19(コロナ)が世界中に広がりはじめ、医療レベルの問題等から日本に一時帰国して以降、社内でも稀なテレワーク社員となっています。出社するのは月に数回。今回は、実際にテレワークしている環境と個人的に必要な道具を紹介します。

環境

我が家はパートナーと二人暮らしで共働き。平日はパートナーは出社で不在となるので、必然的に家の中はひとりになります。そういう意味ではテレワークがしやすく、またオンラインミーティング等における音や会話の問題もほとんどありません。

自宅は狭く、お互い個人の部屋というものを持っていないため、仕事はダイニングテーブルを中心におこなっています。最近は座りっぱなしもよくないと考え、キッチンカウンターを利用してスタンディングスタイルも取り入れています。

ひとつだけ困る点を挙げれば、自分の勤務スタイルが担当国の祝日を基本として動くため、日本の祝日とは異なるところです。パートナーが休みでもこちらは仕事。何かしら気を遣わせてしまうので申し訳ないです。そんな時はあえて休日のオフィスに出社したり、特に忙しくなければ途中で仕事を切り上げたりしています。

家族がいる一般的なテレワークの会社員としては、幾分恵まれた環境といえます。

仕事道具

パソコン

Dell PC
Dell / Latitude 7390

まずは最も重要なパソコン。これがなければ何もはじまりません。会社から支給されているのは Dell のビジネス用13インチノートパソコン Latitude 7390。スペックの概要は以下のとおり。

  • CPU:Intel Core i5 1.6GHz / 1.8GHz
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:256GB
  • サイズ:H 16.33 mm/16.86 mm、W 304.8 mm、D 207.9 mm
  • 重量:1.17 kg

主な用途は一般的なオフィスワークレベルなので、スペックがそこそこで、それなりに動いてくれれば特に問題はありません。

このパソコンは、大きさ、薄さ、重量のバランスがとてもいいマシンです。画面は少し小さいですが、もともとオフィス内外を問わず移動して仕事することが多いので、モバイル性とトレードオフです。カメラも付いているのでオンラインミーティングでも問題ありません。地味にディスプレイが180度開くのもポイントです。

以前はデュアルモニタ環境が必須なくらいパソコンを使っていましたが、今は情報収集や簡単な資料作成、オンラインミーティングがメインなのでノート本体のシングルディスプレイでも大丈夫です。

ちなみにデスクトップ画面はこんな感じです。

デスクトップ画面

背景は黒一色で「ゴミ箱」「メインフォルダのショートカット」「会社サーバのショートカット」「一時保管フォルダのショートカット」のアイコン4つのみ。タスクバーは左サイドに隠しています。画面に集中したいので余計なものは極力見えないようシンプル化しています。

マウス&マウスパッド

マウスとマウスパッド
Logicool / M546 & エレコム / COMFY

マウスは Logicool の M546 です。数多のマウスを使ってきましたが個人的に一番フィットしたのがこれです。お気に入りで今使っているものは2台目。

唯一の難点は、PCへの接続が付属のUSBレシーバー経由でポートをひとつ犠牲にすること。しかしそもそもUSB接続するものがない(USBメモリの使用は申請が必要)うえ、突出も3mm程度でつけっぱなしでもまったく問題ありません。

マウスパッドは、マウスの操作性と手首の負担軽減、カーソル飛びのイライラ防止のために、こちらのエレコムのリストレスト一体型を長年愛用しています。難点は意外と重量があること、背面の汚れが付着しやすいことでしょうか。

ミニマル化におけるマウスの是非ですが、Windows 環境で Excel での仕事が多い場合は、マウス操作の方が作業効率が高いため使用しています。Mac ならトラックパッドで十分なのですが。

卓上スタンドデスク

BRÄDA ブレーダ
IKEA / BRÄDA ブレーダ

自宅では基本的にスタンディングスタイルで仕事をしています。試行錯誤した結果、キッチンカウンターの上にこちらの IKEA の折りたたみテーブルを乗せると、自分の身長ではちょうどいい高さになりました。

BRÄDA ブレーダ3
パソコンとマウスパッドを乗せた状態。傾斜があるのがわかります

天板にパソコンとマウスパッドを乗せると横幅がちょうどいい感じです。また適度な傾斜がついているのでキーが打ちやすいです。

BRÄDA ブレーダ2
テーブルを折りたたんだ状態

テーブルのサイドの足を折りたたむと薄くなるので、収納する際もスペースをあまり必要としません。仕事が終わればキッチンカウンター下の棚にパソコンと一緒にしまって、視界から遠ざけることができます。

イヤフォン

オーテクイヤフォン
オーディオテクニカ / ATH-CKS550X

こちらはオーディオテクニカの有線・カナルタイプのイヤフォンです。オンラインミーティング時の必須アイテムです。もともと飛行機の移動中にスマホで音楽を聴くために購入したものですが、今はもっぱら仕事で使っている代物。

スマートフォン

iPhone 7
Apple / iPhone 7

会社支給のスマホ iPhone 7 です。基本的に仕事はメールとWebツールで完結するのでほとんど出番はなく、外出時のネット接続・テザリング用としてもっぱら活用しています。

iPhone 7 ケース
オウルテック / OWL-CVIP733

参考までに、ケースはオウルテック OWL-CVIP733 で、ブルー×ブラックの異素材デザインのものを装着しています。

パソコンスタンド

JOBSON
JOBSON / JB435

個人的にキーボードがフラットだと文字が打ちにくく、また本体とテーブルの段差で手首が痛くなるので、傾斜をつけるべくこちらの JOBSON の商品を愛用しています。使用歴はかなり長いです。

重さは50g程度と軽く、またパソコンに限らずキーボード単体やタブレットなど、いろいろ使えるので重宝しています。

JOBSON
裏面

表裏ともに黒い部分はゴム製です。

JOBSON
一体化

裏面の凹凸をうまく重ねることで一体化します。

まとめ

自宅でおこなうテレワーク時に必要なものは以上です。また自宅以外の外出先でテレワークをおこなう場合は、荷物の関係もあってもっと少なく「パソコン」「テザリング用スマホ」「イヤフォン」のみ。あってもマウスを持っていくかどうか。

先にも述べたように、今の仕事内容であればこれで十分こなすことができるので、ここから何か大きく増えることはないでしょう。欲を言えばいろいろ希望はありますが、どちらかというとモバイル性を重要視しているので、おおむね満足です。

もちろん人それぞれ環境も違いますし、仕事内容も異なりますのでこちらの内容はあくまでも参考意見として見ていただけると嬉しいです。

ちなみに現在は、オフィスに行っても個人デスクはなく(フリーアドレスではなく純粋に席がないので)、出社しても空いているフリーの席に座って仕事をしているため、職場でもジプシーみたいな生活です。またオフィスには個人の荷物、道具は一切ないので、困ったら誰かに借ります。職場が一番ミニマルな環境かもしれません。

ルルル
ルルル

ルルルのひとこと:社内でもかなりイレギュラーな存在。席ではなく、本当に籍がなくなるかも?!

シンプリスト
この記事を書いた地球人

執筆者情報。
・シンプルなデザインを好み
・シンプルな思考で
・ミニマルにモノを所有し
・ミニマルな脂肪を夢み
・多様性を尊重する
そんなシンプルでミニマルな快適生活を目指す人。

ルルルをフォローする
モノ・ガジェット
気に入ったらシェアしてね♪
ルルルをフォローする
スポンサーリンク
SimpleMinimalLife

コメント

  1. […] マウスなどの小物については、「テレワーク環境と仕事道具」を参照してください。 […]

タイトルとURLをコピーしました