365日後にミニマリストになるシンプルライフ | Day 42

365日後にミニマリストになるシンプルライフ | Day 42_アイキャッチ生活・暮らし
PVアクセスランキング にほんブログ村

前書き

42日目

こちらの企画は、映画「365日のシンプルライフ」を参考に、筆者が疑似体験していく長期連載企画です。

本企画のルールはこちら。

  1. 部屋は引越し前の状態にリセット・初期化
  2. 所有品はすべて別の場所に保管
  3. 1日に1アイテムのみ持ち込み可
  4. 購入品もOK
  5. 食品、消耗品はカウントしない
  6. 可能な限り現実的な体験をブログに記載

その他詳しい情報はこちらの記事をご参照ください。

なお、本企画は筆者が思い付いたことを勝手気ままに書いているので、一部読みにくい場合があります。

そこは寛大な気持ちで読んでいただけると幸いです。

それでは本日もみていきましょう!

本日の持ち物

シンプルライフ42日目

長期休み明けの仕事はやはり心身ともにどっと疲れが押し寄せてきます。

まだ外勤であれば気持ち的には楽なのですが、オフィスに朝から勤務するとなるとなかなかに息苦しいもの。

そんな自分のテンションを上げるアイテムを! といいたいところですが、残念ながら本日も仕事に関するアイテムになりました。

インナーシャツ(2枚目)

着替えのためのインナーシャツで、前回と全く同じモノです。

こちらのアイテムについては、前回結構書き込みましたので今回はサラッと流します。

メガネとコンタクト

筆者、視力が落ちてからは基本的にメガネ派です。

なおメガネを回収したのはシンプルライフ30日目でした。

コンタクトをしていた時期も長かったのですが、何かと面倒になったのと、矯正視力が合わなくなってきたというのがメガネに戻った理由です。

もちろんメガネにもコンタクトにも一長一短があるので、その人に合ったアイテムを選択すればいいでしょう。

ちなみに筆者がコンタクトよりメガネを選ぶ理由はこちら。

  • 必要なときにすぐに掛けられる
  • ピントの調整がしやすい
  • 目への負担が少ない
  • フレームで印象を変えられる
  • 少し知的に見える
  • 装着の手間がない
  • コスパがいい

もちろんメリットがあればデメリットもあります。

  • 激しい動きが苦手
  • 好きなサングラスが掛けられない
  • 荷物になる
  • 紛失する
  • 壊れる
  • マスクでレンズが曇る

なお筆者が利用していたコンタクトは2weekタイプ。

洗浄液やらなにやらで1ヶ月あたりの出費はそこそこありました。またその消耗品の管理も非常に面倒。

唯一の救いは左右どちらも同じ度数だったので端数が出なかったことくらい。

コンタクトからメガネにすることで、基本的に購入以降は費用がかかりませんし、日常の手入れも専用品が必要なわけでもないので維持管理がとても楽になりました。

これだけでもシンプリスト的にはありがたいアイテムです。

惜しむらくは、メガネを掛けたところで知的にはならないということでしょうか。

久しぶりの生活状況

最近はある程度アイテムを取り戻し、生活も普通に過ごせるようになりました。

とりたてておもしろエピソードもないのですが、ふと久しぶりに書きたくなったので近況報告を書いておきます。

現在リビングにある大きなアイテムはこちら。

  • ベッド
  • タオルケット
  • 照明

はいこれだけです。

シンプルライフ42日目ですが、部屋の中に置くという意味のアイテムはほとんどありません。

これまでの42日間(アイテム)で圧倒的に多いのが衣類。その数15点、全体の35%相当です。

しかもこのうちの大半が仕事に関するモノ。

生きていくうえで稼がなければならないですし、そのために必要なアイテムも揃えなければなりません。

これを自己投資とみるか否かの論点はさておき。

自分がときめくかどうかだけですべてのアイテムを取捨選択することは難しく、本人が必要としていなくても所有しなければならないモノもあるわけです。

それを如何に負担にならないようにするのかが肝要なのではないでしょうか。

そういう意味では、ガランとしてただ寝るだけでの場所は、居心地がいい空間とはいえず。

まだまだ必要なアイテムと自分探し(?)のシンプルライフは続きそうです。

おまけ

ルルル
ルルル

これもある意味自分探し?


ブログ村に参加しています。よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村

ブログ村の住人の方は、こちらから相互フォローしませんか?

Simple Minimal Life - シンプルミニマルライフ - - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました